自分で出来る呪い代行 丑の刻参り(藁人形)

藁人形(丑の刻参り)

日本では、古来から「丑の刻参り」で人を呪う「呪術」呪い殺す呪術が行われてきました。古くは鎌倉時代に遡り、人を恨み呪い殺すことを主な目的としています。一種の祈願として庶民からも認知されていたようです。

現代においては、丑の刻参りで「恋愛成就」をはじめとし、元来の願いとはいささか方向性が異なる場面でも利用されているようです。丑の刻参りに使用される「藁人形」に五寸釘を使い、ご神木などに打ち付けて対象人物を呪い殺す方法です。また、藁人形の内部には対象となる人の「姓名」を書いた紙や毛髪などを入れるとより効果があるとされています。

丑の刻とは深夜2時前後で、丑の刻参りはこの時間帯であり人に見られることを避け、一人きりで行う方法です。丑の刻参りは、個人でできる呪いとしては、オーソドックスであり、藁人形・五寸釘・白装束・ロウソクを準備し決められた時間帯に行うことで簡単に人を呪うことが出来ます。

無料相談はこちら

フォローする