家族にかけられてしまった呪いを解いた案件

関西にお住まいの初老の男性からのご相談で、10年ほど前から家族間の争い、病気や事故が絶えないとのご相談がございました。当初私どもは、宿命的なことが災いし、そのご家族に多くの災難があったのであろうと考えていたのですが、実は呪いをかけられていたことが判明したのです。

ご相談者様から多くの情報をお聞きする中で、15年ほど前に親族間での大きな揉め事があり、解決までの数年間を要してしまったとのことでした。その問題を収束させるために多くの痛手を負って、それでも親族間の揉め事が収まるのであれはとお考えになったようです。

しかし、その後10年近く、多くの災難に見舞われ、それは未だに家族を苦しめ続けていますとお聞きし、私どもは、もしかすると、呪いをかけられている可能性があるかもしれませんとお伝えいたしました。そのことを聞いた男性は、思い当たることがあり、家屋敷の庭に鶏の首や内蔵、灰になった御札のようなものが捨てられていたりと奇妙なことが続いていたことをお伝えくださいました。

そのお話しをお伺いし、私どもは完全に呪いによる影響であると確信しました。そのため、どのような呪いがかけられているのか特定する必要があり、数名の魔女を現地へ派遣、そして完全に呪いの影響で災難に見舞われていること突き止めたのです。

ご相談者様の願いは「方法があるのなら呪いを解いてもらえないか」とのことでした。そしてGrantでは呪いを解く儀式をお受けすることをお伝えいたしました。しかし、呪いを行うか、呪いを解くかでは、儀式の方法が大きく異なります。一度かけられた呪いを解くためには、多くの労力と費用が必要になります。

幸いにも何重にもかけられた呪いではなかったために、呪いを解く儀式を実施してから、8ケ月で完全に呪いを解くことに成功いたしました。8ケ月は長い期間と思われるかもしれませんが、呪いのかけ方によっては、数年間を要する場合や、最悪呪いを解くことができないこともあります。

日々の暮らしの中で数年に渡る体調不良や、不慮の事故が重なる。家族間の争いがたえない。このような場合には、呪いをかけられている可能性もございます。不幸にして、上記のような出来事があまりにも長期間続くようであれば、呪いをかけられてる場合もありえることを覚えておいてください。

呪い代行Grant

フォローする