呪い代行を依頼する際の注意点(金銭の受け渡し)詐欺・悪評・口コミ

呪い代行を依頼する場合、必要となるのが「代行費用」の受け渡しです。特に注意が必要な受け渡し方法は、「郵送」で指定された住所などに現金を送る。また、レターパックや封書で送ることは絶対にしてはならないことです。手渡しも避けるべきでしょう。このような方法を指定されたり電子マネーやギフト券(番号)などで支払うことを求められたら「詐欺」と疑ってください。支払った金銭は二度と戻ることはありません。

安全な方法は、個人名義でない口座または当座に入金することです。昨今は金銭の受け渡しに対する意識が高まり「マイナンバー」を登録しない限り、銀行口座を開設することは難しくなっています。そのなかでも「当座」は信頼に値する入金先となります。通常当座の開設には、その金融機関と長年の取引実績がなければ容易に開設することはできないからです。

また、当座の開設には開設しようとする団体の証明が必要となり「会社・団体の登記簿謄本」などです。当座の開設には実績や取引銀行の担当者と直接開設手続きを行いますので、信頼に値すると考えてよいでしょう。

上記でご説明いたしましたように、呪い代行に伴う現金の受け渡しには十分注意してください。

※よく口コミサイトなどに「支払い後に一切連絡がとれない。」との書き込みを見かけますが、これば「偽り」です。その団体を陥れるために記載されていると考えてください。このような他社への書込みはほぼ同業者となる他の呪い代行社からの嫌がらせなのです。また、悪評も同じことで、嫌がらせを繰り返す人物がいることを知ってください。なぜ他社の悪評を広めようとするのか?それは簡単で、自社への依頼を増やそうとする人物の存在があるからです。

日本の警察はとても優秀であり、口座に入金したのであれば必ず名義人を特定します。このことからも掲示板に書かれる「支払い後に連絡が取れない。」との記載は偽りと考えるべきでしょう。