人への「恨み、憎悪」

覚えておけ、人への恨みとは『ある特定の人物』に対し『強い憎悪の念』を抱き、一生をかけて探し出し『残酷な手段』を用い貴様を『いたぶり、殺す』ことである。その恨みはけして消えることがなく『相手にとどめを刺す』までその想いはけして止むこともない。
人は数十年の人生であるが、恨みを持つ人が生きるであろう『残りの人生の全てをかけて成し遂げるもの』、対象となる人間は、いつしか恨まれていることすら忘れ日常の生活を送り続けるが、ふとした場所で『命を奪われる』苦しみ叫び、大量の血を流させ死の世界へ送る、それでも恨みが消えることはない。人が人へ抱く『讐の念』だけは、けして消えることはない。覚悟して待つか、何らかの手段を取るか、方法は二つに一つだが・・・・。『それは無意味な行動となる。逃れる術は皆無』忘れるな、まとめて殺す。

『それが復讐の念』『決して逃がすことはない』『微笑は悪魔の振舞い』『この世に探せぬ場所はなし』

※三重県にお住いの相談者様に届いメールの一部です。

フォローする