呪いの選択と組み立て、そして失敗談

呪い代行を行う際には、その案件に対し最も効果が得られ、呪い返しが少ない状態を作り出し、儀式(呪い代行)を行わなければなりません。この組立方法も多岐にわたります。そのため日程を組んだり魔術の調整をする専門の魔女が必要不可欠となります。

ある案件に対し、ご相談者様の状況やご要望、道筋をお伺いし数名の魔女で検討しながら、最良の方法で呪い代行が行えるよう、調整が必要となるのです。この微調整を怠ることで、早期成就を望めないばかりか、願いそのものが成就しないこともございます。

呪い代行を行う日程、実施する呪いの選択、使用する魔術道具、生贄の存在、召喚する天使や悪魔の種類、儀式に必要な時間、そして儀式中に問題が生じた場合に早急に、その場で対応できるよう、数名の魔女を配置し呪いの儀式は行われます。

以前私どもの行った呪い代行の儀式での失敗談ですが、お恥ずかしいことに召喚する悪魔に対し、儀式を管理する魔女の力が弱く召喚に失敗し日を改め呪い代行の儀式を行った過去がございます。

なぜ、、魔女の力が弱まってしまったのか、それは儀式に使用する聖水の分量をほんの僅かですが間違えたことが原因でした。このようにほんの些細な間違いから、儀式が中止になってしまう経験から、グラントでは、一つの案件に対し数名の魔女を配置、呪い代行前後の確認や呪いの儀式中の確認などを行っております。

その後、グラントで執り行われる呪い代行の儀式でのミスは一度もありません。私どもは、ご相談者様の願いを叶える重責を果たさなければならないため、同じことを二度繰り返すことのないように十分に配慮し、そして準備を怠らず儀式に望んでおります。

私どもの行う儀式の失敗談を公表することは不本意ではありますが、事実を隠すこと無く、私ども魔女の行う呪いの儀式やその組立方法を知っていただければ幸いです。呪い代行Grant

フォローする