呪いの相乗効果とはいったい何なのか

呪いの相乗効果」とは、二種類以上の呪いの組み合わせで現れる特別な呪いの効果を指します。案件に対し適切な呪いの選択ができれば、一種類の呪いでも十分に成就できます。しかし、Grantに寄せられる案件の多くは「短期成就」を望む方の相談や依頼です。そこで大いに役立つのが相乗効果を取り入れた呪い代行です。

呪い代行相乗効果を取り入れる最大のメリットは、短期間で効率的に願いを成就させられることです。ある願いを叶えるために、「一種類の呪い」で執り行う呪い代行と比較すると、相乗効果を持たせるために数種類の呪いや生け贄を組み合わせることで呪いの効果が増大し成就期間が大幅に短縮されます。

ひとつの案件を短期成就させるには「呪いの相乗効果」を取り入れることが最善の方法であることは言うまでもありません。単体で行われる呪いの効果を「1」とすれば、相乗効果のある呪いを組み合わせることで、確実に2~3倍の強い効果を持たせられる方法です。

そして、相乗効果を持たせた呪いと生け贄の組み合わせが『呪い本来の効果』を引き出す唯一の方法です。逆に、呪い本来の効果を持たせにくい施術方法は、「通常魔術、高等魔術、エスバトかつ生け贄なしの単体魔術」で行われる呪い。相乗効果を利用し効率的に短期成就を望むのであれば、「相乗効果と生け贄」は重要なキーワードです。

しかし、ゆっくりとした速度で願いを叶えたいなら、「単体かつ生け贄なし」で特に問題はありません。また、状況に応じて呪いや生け贄の追加はいつでも可能です。弱い呪いで様子を見極めつつ状況に応じた対策を考えてもよいでしょう。

フォローする