呪詛とは何か

呪詛師・呪詛(のろうこと、のろい)とは、相手を不幸(悲しみ、 患い、憂虞、患い 、鬼胎、 懸念、心配、煩慮、不安、患え、畏れ)を願う災いをもたらす呪い(神祈)であり伝統的な(新道)の実践者です。聞き覚えのある(丑の刻参り)がこれにあたります。抑々が人の不幸を目的としており、「幸せ」を願い叶える呪術ではないのです。例えば「恋愛成就」などは、元来の呪詛の目的と離れた願いになるでしょう。

呪詛は、簡単に行える呪術ではなく、呪詛伝承者から容認された者だけが実践作法・技法を伝承されます。また、詛戸を受け継ぐ必要があり、この詛戸がなければ呪詛を実践することはできません。 この歴史深く、伝統的な呪術を操るの者が「呪詛師」です。また歴史ある詛戸を入手する。目にすることは事実上困難と考えられています。