呪い代行で憎い相手へ復讐する方法

一言で「呪い代行」といっても、さまざまな種類や手法、呪いの呪文などが存在します。ある問題を解決するためには、その案件に適切な「呪いの種類・手法・呪文」を選別しより効果的な組み合わせでの儀式が重要になります。復讐系の呪いだけでも利用できる呪文が約2,000種類を超えます。他人、身内、友人、恋人に対して憎しみや恨みを抱く人は少なからず存在するのです。その恨みの根深さは通常では想像もつかないほど、その人の心の奥底にまで達していることがあります。

恨み」や「憎しみ」を抱く相手の大多数は、「親しい関係にあるあった人物」であることを忘れてはいけません。今現在、良好な関係を築いているからといって安心は出来ないのです。相手から見た貴女の位置づけ、それは当人にしか分かり得ない闇の部分となるからです。遺恨、それは「相手から受けた行為に対して湧いてくる憎しみのこと」その憎しみが「殺意」へと変わってしまうこともあるのです。「最強の呪い」として執り行われる呪術には、相手を失意のどん底に追いやり死へと導く強い効果があります。そして、依頼者である方の「宿怨 ・ 恨み ・ 怨恨 ・ 私怨 ・ 憎悪 ・ 殺意 ・ 厭悪えおん・ 憎しみ」を緩和するプラスの要素も含まれているのです。※厭悪とは

最強の呪いの使い手は、依頼者様の願いを叶えることはもとより、復讐の念を開放し、肉体的にも精神的にも依頼者様を守る力を持ち合わせています。長期にわたって相手を「憎む、恨む」強い念は、知らず識らず己の精神と肉体を蝕んでしまうことがあります。そのことを忘れてはいけません。最強の呪いを依頼される方々は、呪いの実施後に落ち着きを取り戻します。そして長年にわたる相手への強い思いである「復讐」を成し遂げることで、精神的に開放されます。仮に、誰かを恨み殺したいほどの憎しみを抱えているのであれば、「最強の呪い」での「復讐の代行」をお受けすることも出来ます。

復讐の呪いについて

復讐はいつの時代でも、どの国でも共通する「人への恨み」を開放する唯一の方法です。誰もが「あの人がいなかったら・・・」という気持ちを、一度や二度は抱いたことがあるでしょう。あいつを「呪いたい。殺したい。」と思う闇のメッセージは、前触れもなく貴女の心に呼びかけます。Grantが所属するwiccaの基本理念は、「人を傷つけない」という信条のもとで呪術を提供します。しかし、止むに止まれぬご事情があり、最強の呪いを行使することが適切であると判断した場合に限り、復讐の呪い代行を受け付けます。

強力な復讐の呪い(エスバト生贄あり)で早期に願いが叶ったお体験

今回は、昨年末にご相談頂きました復讐の呪い(エスバト生贄あり)でのお話です。昨年末、年配の女性の方から、近隣トラブルによる復讐のご相談がありました。そのお方は、数年前から騒音や暴言、そして自宅玄関前にゴミを放置されるなど、数々の嫌がらせを受けましたが、そもそもの原因に心当たりがなく、当事者とは顔見知りであるために話し合いでの解決を望んでいました。しかし、相手は話し合いに応じるどころか嫌がらせ行為はエスカレートする一方で、話し合いをできる状況ではないとのことでした。嫌がらせ行為の詳細や証拠となる動画・写真を拝見して通常では考えられないほど頻繁に行われており、悪質であると判断したので復讐の呪いをお受けすることになりました。

ご相談者様からの希望は、嫌がらせ行為をやめること、そして可能なら相手の引っ越しを望まれておりました。その点を考慮し、「嫌がらせ行為の中止と転居」に願いを絞り込んでの呪いとなり、1月上旬に復讐の呪いを施術しました。エスバトの呪いは強力な効果と即効性があるため、呪いの儀式実施後わずか10日で嫌がらせ行為が減少し、約1ヵ月で他県へと引っ越しをされ、呪いは無事成就となりました。引っ越しの理由について後にお聞きした話では、生家で不幸があり戻らなければならなくなったとお聞きしました。

召喚した悪魔が数カ月後か数年後に確実に訪れるであろう不幸を前倒しさせることがあります。これについては依頼者様の願いを汲み取り、召喚した悪魔の一存で行われることです。今回のようにエスバト生贄ありでの呪いの儀式は、「知られざる力の持ち主」が早期に願いを解決するために必ず降りかかる不幸を早めたと考えてよいでしょう。その後、ご相談者様は穏やかな生活を取り戻し、旦那様と幸せな日々を過ごされているとのご報告を受けております。通常魔術・高等魔術でも同様の効果は得られたかもしれませんが、「成就期間を短縮したい」など特別な理由がある場合には、エスバトの利用を推進しております。どの魔術で願いを解決するかの最終判断は、ご依頼者様の決定事項です。

呪い代行Grant

フォローする