「呪い殺す」呪殺、呪い殺し代行

呪い代行のご相談のかなには、「人を呪い殺す」ほどの深い恨みを抱いていることも珍しくありません。その恨みがどのようにして、一人の人間を「殺人」にまで駆り立ててしまうのかを知る必要があります。そのため「殺人を考える」に至るまでの経緯をお聞きします。

多くの場合、止むに止まれぬ奥深いご事情があり「許す」、ましてや「忘れる」ことなどできない根深い恨み憎しみ心の闇を垣間見ることになります。

人を殺す行動、長年恨みを懐き計画的に行われる「殺人」もあれば、いつしか心の奥底に沈められた想いが、ふと些細なきっかけで表に出てしまい衝動的に「殺人」を犯してしまう方もおられるでしょう。

どのような問題であれ、人を殺す「呪殺」して解決できる問題はないのではないかと考えております。「人を恨み、憎しみ」相手の生命を奪う息の根を止める。まさに、そうさせる何かに操られてしまうのです。

グラントでは「呪殺」をお受けしないわけではなく、それ相応の事情がある場合に限り、呪いの代行生命を奪う魔術を執り行うことがあります。人を呪い殺す行為は犯罪としては成り立たず、仮に私どもの執り行う儀式(呪い代行)で人の命が奪われたとしても、それは、「原因不明の死」として扱われます。

この「呪殺」「呪い殺す」に関してこの場で深くお話することを望みません。ただ、その「魔術・呪術」での「呪い殺し代行」は存在し新月の闇とともに行使されている事実を知っていただければと考えます。

フォローする