呪い代行の目的

私どもGrantで行う呪い代行の目的は「万人の幸福」を願うものです。ご相談される案件のかなには、復讐系の願いを含む場合もありますが、単に復讐という言葉だけで受け取るわけではありません。

復讐系の呪いを利用しなければ、幸福を手にすることが難しいこともあります。しかし、復讐系の呪いをお受けする場合には、相応の理由がありその内容が正当であると判断できる場合のみ呪いの代行をお受けしております。

万人の幸せを願って呪い代行を行っていても、幸せの隙間に落ちてしまう方の存在があることを忘れてはいけません。私どもは、呪いの対象者となる方が掴む幸せの裏側も考慮し、呪いの代行を行います。

例えば、復讐の対象者となる方のことも十分に考え呪い代行を行うということです。仮に殺してしまいたい相手であって、呪殺系の呪いを行う前に「不運の呪い」を行い、その呪いの効果を確認して頂き、それでも上位の呪いを行いたいか、尋ねる場合があります。

不運の呪いで降りかかる不幸を目の当たりにし、もうこれ以上の呪いを望まないと考え直すかたも大勢おられます。人は誰しもが心の奥底に「優しさ」を持ち合わせているからでしょう。心の底に眠ってしまった優しさや思いやりを蘇らせることも、私どもの仕事の一部であると考えております。

私どもには、願いを叶えるための様々な方法があります。その方法を使用して、多くの願いを叶えて参ります。

全てのご依頼(呪い代行)をお受けするわけではありません。

先日、あるご相談者様から、伴侶への虐待とも取れるご相談がありました。私どもは、どのような依頼でもお受けするわけではありません。

ご相談内容をお聞きし、その内容に大きな違和感を感じた魔女は、精神面に精通する魔女と相談し回答をしたと申しております。

相談内容は、伴侶の人間としての機能の一部を奪い取るという内容でした。ご相談担当魔女は、他の方法をご提案しましたが、「その提案も受け入れられない状況です」とのご回答です。

しかし、私どもGrantの魔女は、今回のご依頼をお受けできない旨、ご相談者様にお伝えし、無料相談を終了させていただきました。この場をお借りし、ご相談者様へお願いしたいことは、どのような依頼でもお受けするわけでなはない言うことです。

誰もが幸せになる呪い代行

本来、私ども術者は「誰もが幸せになる呪い代行」を行うべきでしょう。しかし、「何かを奪う、付け足す」これが魔術の本質であると考えます。そして、「何かを奪う」場合、必ず何かを付け足される人があり、「何かを付け足す」場合、必ず「何かを奪われる人」がいると言うことです。

誰もが幸せになる呪い、これは呪いの本質的にありえない考えなのかもしれません。しかし、私どもGrantの魔女は、可能な限り多くの方が幸せになれるよう呪いの代行を行いたい、そう思い続けております。

呪いの相談・依頼は呪い代行Grant

フォローする