Home> 簡単な呪いの方法> 復讐関連の呪い> 血の呪い

血の呪い


【用意するもの】

  • 黒い紙 1枚
  • 銀色のペン 1本
  • どくろの写真または絵 1枚
  • 人形 1体
  • 黒いロウソク 5本
  • ライター 1個
  • 赤ワイン グラス1杯
  • 小さなナイフ 1本

手順

  1. 赤い月(または満月)が見える位置を呪いの実行場所に選ぶ。
  2. 黒い紙に銀色のペンで星のマークを描き、星のてっぺんが月に向かうように置く。
  3. 星の中央にどくろの写真(または絵)を、その上に人形を置く。
  4. 星の手前にワインを置く。
  5. 1本目のロウソクを月に掲げながら火を灯し、対象者の名前を呟きながら蝋を1滴人形に垂らす。星のてっぺんにロウソクを置く。
  6. 1本目のロウソクの火で、2本目のろうそくに火を灯し、4.と同様に対象者の名前を呟きながら、
    蝋を1滴人形に垂らす。時計回りに2本目のロウソクを星の先端に置く。
  7. 3本目、4本目、5本目と同様に繰り返し、ロウソクで星を完成させる。
  8. 神経を集中させ心に渦巻く対象者への憎しみが頂点に達した時、グラスのワインを一気に飲み干し、
    恨みを晴らすため、憎しみを形に。残される道は破壊と絶望。」と静かに力強く囁く。
  9. ナイフを1本目のロウソクの火で温め、人形の心臓部に真上から刺す。
  10. 目を閉じ、精神が安定するまでじっと待ち、落ち着きを取り戻したら、ロウソクの火を全て消す。
    (2本目から消し始め、1本目は最後に消すこと。)
  11. 赤い月(または満月)に感謝し、呪いを終える。
    ※心から憎い相手にかける呪い。苦しみ、災難、不幸をもたらすブラックマジックに位置づけられる呪いであり、軽い気持ちで実行しないこと。また実行前に自身を防衛する呪いを先に行うこと。
    皆既月食時に見られる赤い月(ブラッドムーン)のもとでの実行が望ましいが、それが無理な場合は満月の夜を選ぶこと。

注意点

 心から憎い相手にかける呪い。苦しみ、災難、不幸をもたらすブラックマジックに位置づけられる呪いであり、
 軽い気持ちで実行しないこと。また実行前に自身を防衛する呪いを先に行うこと。
 皆既月食時に見られる赤い月(ブラッドムーン)のもとでの実行が望ましいが、
 それが無理な場合は満月の夜を選ぶこと。

前のページに戻る