Home> 簡単な呪いの方法> 出会いの呪い> ソウルメイト(伴侶)に出会うお呪い

ソウルメイト(伴侶)に出会うお呪い

人生を幸せなものにすることができるか。
大きな要因の一つはあなたを理解し共に喜び、楽しみ、時に励ましてくれるソウルメイトを得ているかどうかです。
そのままの自分を認め、受け入れてくれるそんなソウルメイトに出会うための呪いです。呪い代行との併用も可能で、短期成就を実現できる呪いでもあります。


呪いで【用意するもの】

  • 塩 適量/li>
  • 水 適量
  • ボール 1個
  • ガラスまたは陶器製の蓋付き瓶 1個
  • 水色のろうそく 1本
  • 羊皮紙 1枚
  • フェザーペン 1本
  • 黒のインク 1個
  • 革ひも 1本
  • はちみつ 適量
  • カルダモン 適量
  • シナモン 適量
  • ドライバジルの葉 適量
  • ドライベイリーヴの葉 適量
  • キャンドルホルダー 2個/li>
  • 白のろうそく 1本

  • 呪いの手順

    1. ボールに塩水を作る。
    2. 塩水に瓶を浸し一晩置く。
    3. 次の日の朝、瓶を取り出し自然乾燥させる。
    4. 深夜0時に水色のろうそくに火を灯し、羊皮紙にフェザーペンとインクで「I call the ones I am meant to share my life.I give and take.So do ones.The spell helps me seek and find.
    5. と記す。
    6. 羊皮紙を丸め革ひもで縛る
    7. 瓶に呪文を書いた羊皮紙とスパイス、ハーブ類を入れ、はちみつを注ぐ。しっかりと蓋をする。
    8. 水色のろうそくの火を消し、瓶の蓋の上に白のろうそくを置き火を灯す。
    9. 時間の許す限りろうそくを燃やし続ける。
    10. So Mote it be.(ソーモーティットゥビー。)」と唱えながら、ろうそくの火を消す。

    注意点

    多くの呪いと同様、満月または新月の夜に行うと良い。
    はちみつの量は少なくとも羊皮紙が半分はつかるぐらいの量を用意すること。
    呪いの力を持続させたい場合は蓋の上でろうそくを灯すことを勧めるが、ろうそくの色や頻度にこだわらず気分がそうさせる時に自由に行うこと。火を消すときには「So Mote it be.(ソーモーティットゥビー。)」と唱える。
    特に恋愛対象者を惹きつけることをターゲットにした呪いではありませんが、良き理解者が人生のパートナーとなることも…。

    前のページに戻る