呪術・呪い代行の仕事

Wiccaが提案する呪いへの心構え

2018年7月6日

人間の力と思考を超越する呪いを理屈で理解しようとすることは意味がありません。呪いの依頼を考えられている方、自分でおまじないの類をしてみようという方々にお伝えしたい心構えがあります。

以前にも書いたように呪いは人間の本質の1つです。無駄に恐れることなく、呪いの力を素直に受け止めてください。呪いの真実はその不思議な感覚を全身で感じ取り、超越した存在に繋がりを持つことによって見えてきます。難しく聞こえがちですが、誰もが持っている潜在能力で高い人、そうでない人の差はあるにしろ訓練によって習得することができます。

最大の心構えとして自然を感じること、自然の中に身を置くこと。多忙な毎日の中でも自然を感じる時間は必ずあります。視線を上に向ければ空が広がり太陽がそこにある、頬を撫でていく風、道端の雑草の可憐な花・・・、難しいことではありません。自然の中でゆったりと過ごせる時間を作ってください。海を好まれる方、山に惹かれる方、どこでも構いません。自分の居心地が良い場所を見つけ1人きりになり静かな時間を過ごしてください。座っていても仰向けに横になっていても構いません。この時の心構えは楽な姿勢でリラックスし何も考えないこと。自分の呼吸だけを意識するとそのうち現実から離れ、時を忘れ心は無になります。この無の状態がまさに呪いの世界へ入っていく条件なのです。ベテランの魔女たちにとってもこの自然に対する心構えは絶対的です。何故ならばwiccaは自然界のもの全てに神々が存在しているという信条を持っているからです。wiccaの呪いを活用しようとするならば、貴方自身も自然を尊び、敬慕する気持ちを共感しなければなりません。

続く心構えとして、毎日必ず自分の気持ちを受け入れる行動をしてください。眠りにつく前など、ごく短い時間で良いので動きを止め、落ち着きましょう。怒り、憎しみなどを抱えていては穏やかになれるはずがない、それでいいのです。押さえつける必要はありません、ただ受け入れてください。以上、wiccaの視点、信念から一般の方たちが呪いに臨む際の心構えとして最低限、留意して頂きたいこと、実践して頂きたいこととなります。